宛先はぜひ分けて欲しい!fax同報でお便り


fax同報を利用するならば、宛先のリストも 詳細で新鮮なものがいい!

それはもちろん。fax同報するなら宛先は 相手によってグループ分けされていたり、してもらうと とても助かります。
宛先が分けられていない ・・・それについて考えられる困った点は fax同報だけではなくお便りやメールも同じ。
「相手にとって必要な内容か?」というものかも。
例えば学校からの保護者に向けたお便りも同じで、 ある特定の部活やクラスへの案内をfax同報や配信メールで届くと、宛先から 外して欲しいなぁと思うのは私だけではないはず。

このようなサービスは受け取る人も便利は便利ですが、 反面、自分に関係ないものがfax同報やメールで届くと 混乱を招く場合があるのではないでしょうか?
fax同報で送る際は宛先から検討が必要なのかしら?
要は柔軟性が必要・・・ということではないかと思います。

時としてメール同報では送信者の宛先が全部乗ってしまう失敗もあるようだけどfaxはいかがなものでしょうか。

実はあまりよく知らなかったのですが、 パソコンからfax同報にてそれぞれの宛先へ お送りすることができることをつい最近知ったばかり。

まだ試していませんが、自宅からでもfax同報で宛先を指定し、 プライベートなものもお送りすることができるか・・・な?

パソコンを立ち上げるくらいならわざわざfax同報を使わなくても メールでお手紙を送った方が早そうですが・・・。 fax同報はビジネスでも活躍しているみたいですね。
顧客ひとりひとりへの電話連絡やダイレクトメールを 送るよりも費用がかからない利点もあるみたいです。

fax同報の契約金とかかかるのかしら?宛先リストの レンタルとかあるのかしら?
宛先とかの問題をあまり考えなくても 良いようならとても助かると思います。
fax同報の原稿をしっかり仕上げることに 手間をかけることができますものね。

自分でこの作業を行うなら、専用のソフトがあるようです。
どちらを利用した方が安いのか、手間にかかるコストの計算など しっかり考えましょう。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。